カトリックとプロテスタント

 カトリックとプロテスタント
主イエス・キリストを信じる信仰という基本的な点では、カトリックとプロテスタントとはどこも変わりありません。ですから、基本的な信条である「使徒信条」は共通に告白されています。
 「カトリック」とは「普遍的」という意味で、ローマ帝国時代から使われ始めました。このローマ教会を中心とするカトリック教会は、世俗の権力と並ぶほどの強大な勢力となり、やがて、一般にいわゆる「免罪符」の問題で知られるように堕落して行きました。そして、マルチン・ルターらによる抗議(プロテスト)をきっかけとして宗教改革がヨーロッパ中で起こり、『ローマ・カトリック』に対する『プロテスタント』と呼ばれる諸派、諸教会が各地で生まれました。

 プロテスタントの歴史的な流れ
 このプロテスタント各派の中でも、ルター派の教会はおもにドイツや北欧に広がり、カルヴァンの流れをくむ諸派は、スイス、フランスを中心に改革を進めました。最も大まかな分け方で言うと、この諸派はルター派に対して「改革派」と呼ばれます(私たちも改革派です)。英国国教会(アングリカン。日本では「聖公会」)は、政治的な事情も絡んでカトリックと対立しましたが、教理は改革派的、礼拝の形式などはカトリックに近く、現代ではカトリックとプロテスタントの橋渡の使命と役割をも自覚しています。
 やがてプロテスタント諸派はアメリカに渡り、さらに多くの教派に分化しながら福音宣教に励み、これらの諸教会の宣教活動の実りとして、十九世紀以降の日本のキリスト教会諸派が生まれてきたのです。
 歴史の中でこのように複雑に分化しながら日本に入ってきたプロテスタント諸教派の数は、百数十にもなります。こうした多くの教派の分化は、教会の「分裂」ともとられることがあり、その点が批判されることもあります。しかし、イエス・キリストを信じて生きる道筋の現れ方には、それぞれの歴史的な事情や個性がありますから、むしろ信仰が生む豊かさだと言えると思います。

豆知識の目次
教会のHomepage