藤沢北教会 伝道基本方針

日本基督教団 神奈川連合長老会 藤沢北教会伝道基本方針 

六会伝道50年を振り返り、新たな歩みをなしていく私たちは、
絶えず主なる神に栄光を帰するものとして、
伝道基本方針をここに定める。

  私たちは、聖書を基準とし、使徒信条、ニカイア・コンスタンティノポリス信条、アタナシウス信条、カルケドン信条に準拠し、改革教会の 諸信仰告白に言い表された信仰を継承し、1890年に制定された日本基督教会「信仰の告白」に基づいて、1954年に制定された「日本基督教団信仰告白」 を告白するものである。
   このような改革教会の信仰と伝統を受け継ぎ、長老制度によって建て上げていこうと志す教会である。日本基督教団にある改革・長老教会として、全国連 合長老会・神奈川連合長老会に加盟し、改革長老教会協議会を重んじ、中核を担う教会として、これを形成していくべく努力するものである。

  私たちは、各個教会にとどまることなく、地域連合長老会を形成していくために、教会を生み出す教会として務めていくものである。
   これは、主のご命令に従い、伝道する教会が歩む当然の道程(みちのり)でもある。
   その上で、私たちは、平均百名以上で礼拝する群れであるよう、祈り、伝道に励むものである。

  私たちは、説教と聖礼典を中心とする礼拝を、全生活の中心とするものである。神から与えられる御言葉によって、私たちは生かされるのである。
   だからこそ、教会の受け継いできた正しい福音理解に立ち、この御言葉が正しく語られ、かつ聴かれ、聖礼典が正しく執行されることに努めるのである。すなわち、礼拝は整えられていかなければならない。それは、長老会を中心に務めていくべきことである。
   この礼拝が、私たちのなすべき伝道の第一であるからである。

  私たちは、親族、友人、知人、近しい者たちを礼拝に導き、福音を宣べ伝え、共に主による救いに与るものとなるべきである。私たちが伝道においてまず 望むことは、自分の愛する者が救われることだからである。伝道は一人でするものではなく、教会が力を合わせて務めていくことであり、何よりも主が先頭に 立ってなさることである。その御あとに従って、できる限り努めていくのである。

  私たちは、神によって与えられた御子主イエス・キリストによって救われ、主イエス・キリストのものとして、主なる神の愛のうちに生きるのである。ゆ えに教会は、まず、心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、主なる神を愛する共同体であり、そして自分自身を愛するように隣人を愛する共 同体である。
   教会員は、それぞれに与えられている霊の賜物をもって、祈りつつ、自主的に、積極的に、教会の務めに加わり、献げ、伝道・奉仕の業を担っていくよう 心掛け、主に仕えていくものである。また、主の愛によって互いに慰め、励まし、助け、祈りを合わせ、教会の力が強められるように心を尽くしていくものである。
   力が強められる形の一つとして大切なことは、伝道献身者が与えられることである。
   私たちは、このために常に祈り、伝道献身者を生み出す教会であるよう、努めていくものである。

2012年2月26日
日本基督教団
藤沢北教会 長老会




藤沢北教会 教会活動方針(2014年度から2017年度まで)

 2017年度主題 (年度ごとに定める)
主に生かされ、互いに祈り合って生きる

 年度聖句
「主よ、わたしたちに祈りを教えてください」(ルカによる福音書11:1)  


[伝道]
@ 主日礼拝を信仰生活の中心とし、人々を礼拝に招くことを伝道の柱とする。
A 周辺地域に住む人々に開かれた教会として、み言葉に触れ、交わりを持つ機会と場とを積極的に提供する。

[教育]
B 神の民として、子どもへの伝道、次世代への信仰の継承に自覚的に取り組む。
C 日々聖書に親しみ、み言葉によって生かされる信仰生活の形成に努める。

[奉仕]
D 教会員の一人一人が主の体の一肢とされていることを覚え、主に仕える思いをもって互いに仕え合い、時と賜物を献げて奉仕する。
E 執事職の働きを充実させ、教会としての奉仕の業を整える。

[教会形成]
F 日本基督教団にあって、改革長老教会の信仰と伝統を継承し、真の教会の形成に仕えるために、神奈川連合長老会に所属する。


教会のHomepage