藤沢北教会沿革

 藤沢北教会は、1936年5月、東京の池袋において日本基督教会霊焔(れいえん)伝道教会として誕生した(初代牧師は宇津木保氏)。 この霊焔伝道教会は、藤掛幸三郎氏(元藤沢北教会牧師藤掛豊盛氏の祖父にあたる)が経営する(株)藤幸における職域伝道によって創設された教会であった。

 1941年、日本基督教団の設立に伴い、日本基督教団霊焔教会となる。

 戦災の後、藤幸工場が埼玉県の飯能に移ったことに伴い、霊焔教会も飯能の藤幸工場内に移転(第2代牧師・山永武雄氏)。その地での伝道を志したが、藤幸 の経営縮小から、教会の献金が続かなくなり、暫くの間(8年間)活動休止の状態が続く。その間、教会名だけが残された。

 8年後の1962年、藤掛幸三郎長老の意志を継いだ藤掛豊盛牧師(第3代)によって、藤沢市六会の地で、霊焔教会の主日礼拝が再開される。

 1965年、藤沢北教会と名称を変更し、1970年に現在地を取得、会堂を建築する。

 1973年7月、宗教法人日本基督教団藤沢北教会を設立。

 1993年3月、藤掛豊盛牧師が辞任し、同年10月、箕面教会牧師であった澤田隆牧師を招聘。

 1999年10月、新会堂を建設。

 2000年3月、澤田牧師は蕃山町教会に転任。

 2000年4月、茨木教会牧師であった藤盛勇紀牧師を招聘。

 2010年3月、藤盛牧師は日本基督教団事務局(総務幹事)に転任。

 2011年4月、宮崎中部教会牧師であった南澤望牧師を招聘。

 2012年5月、六会伝道50周年を迎える。

 2014年3月、南澤望牧師は浜寺教会に転任。

 2015年4月、半原教会牧師の澤田隆牧師を兼務主任担任教師として招聘。東京神学大学大学院博士前期課程を修了した長倉基伝道師を招聘。

 2016年4月、長倉基伝道師が主任担任教師に就任(澤田隆牧師は兼務担任教師に就任し、10月末退任)。